2006年 10月 29日 (日)


スイミングスクールの水泳大会のお手伝い

子どもたちが必死なのを見て、泳ぎたくなっちゃった


夕方、ダンナとダンナの友達、町やんとソフトボール


近所のグランドでノック、見事にトンネルしたところで

少年野球チームがやってきて、おっちゃんに

「ナイストンネル!」と笑われ、てへへっと笑い返し


ここから火がついたのか

突っ込まなきゃ、取れんぞ、とノックボールに突進

続くトスバッティングでも、ナイスバッチと自画自賛


うーん、バッティングセンターでも

もう少し当たるようになってくれると、たのしいんだけどなぁ



2006年 10月 30日 (月)


障がい者スイミングクラスで、一緒に泳ごうとしなかった子が

ついに一緒に泳いでくれて、とってもうれしかった


ずっと前に一度、一緒に泳いでくれたんだけど

体調を崩してしばらく休んでしまってから

一緒に泳いでくれなくなっちゃった


泳いでくれないかな、と願いつつ、声は

いつもかけるようにしていたら、泳ぐと言ってくれたんだ


あ〜、すんごいうれしーっ



2006年 11月 1日 (水)


6月以来?久しぶりにソフトバレーボールチーム

ALL BLANKS の練習に参加

仕事をしてから、バレーをする体力がなくて休部していたんだ


わぁお、びっくり 全然、動けないの

もともとあんまり動けてはいなかったけれど、こりゃひどい


でも、たのしかったから、おーるおっけー♪



2006年 11月 3日 (金)


障害者スポーツ指導員 初級 の講習会 1日め

11月、12月にわたり、4日間の講習


今日は、スポーツ指導論、安全管理、生理学について

各2時間ずつの講義


講義なんて、何年ぶりかな?

一番前に座るつもりが勇気がなく、二番目に座った


初級、中級、上級、とあるんだけど

初級の役目は、障がい者の方とスポーツをたのしむこと

まだ認知されていない障がい者のスポーツを

目が見えなくても、こんなことができますよ、など

世の中に広報していくこと、なんだって


障がい者のスポーツ、っていうと特殊なのかな?

と思ってしまいがちだけど、たまたまスポーツをする人が

障がい者であって、特殊でもなく

障がい者スポーツ、というジャンルがあるわけではないみたい


障がい者のスポーツって、何があるだろう?


水泳、車椅子バスケ、ダンス、陸上、サッカー、野球

トライアスロン、バレー・・・くらいしか、知らなかったけれど

なんと150種類もあると知って、びっくり


「技術指導、スキルに走るのではなく

柔らかい頭を持ってください


スポーツをどうしたら、たのしめるか

そのためにはどうしたらいいか、を考えられるように

まずは、障がいを理解する必要があるよね


例えばバレーボールがやりたい、と集まる

動けないから、できない、じゃなくて

どうしたら、できるようになるか、ルールを工夫したり

3次元が難しかったら、転がすなど、2次元でやってみるなど


アイディアマンで、可能性をいつも持っている人になってください」


この先生のお話に、ガチガチだった頭をほぐされたような


休憩時間、障がい者スポーツセンターの掲示板を見ると

さまざまなスポーツのボランティアを募集していた


ちょっと道が開けた気がした・・・かな



2006年 11月 4日 (土)


突然、ずっと張っていたものがプツン、と切れちゃったみたい


何だろう?何でだろう? 思い当たるふし、なし

わかんないけれど、泣けてくる







←前の週へ カレンダーへ 次の週へ→



トップページへ



Copyright (c) 2004-2006 orichan All rights reserved.